One Tap BUY 運用実績

[2019年4月版]One Tap BUY(ワンタップバイ)の購入株と実績公開!9ヶ月経過【第1弾終了】

2019年4月22日、積立分すべて売却しました。9ヶ月で約7%のリターンとまずまずの成績です。詳細はOne Tap BUYの資産状況より確認できます。第2弾スタートした際はまた記事化しますのでお楽しみに。

One Tap BUY(ワンタップバイ)の「積み株」でこつこつ米国株を積立購入しています。

本ページでは購入株や実績を公開します。

One Tap BUYでは1,000円から米国株を購入でき、さらに自動積立も可能なので米国株に投資をしたい方は覚えておくべきサービスです。

AppleやAmazon、GoogleやVISA、facebook、コカ・コーラなど様々な銘柄をOne Tap BUYなら簡単に購入できます。購入できる銘柄はこちらの記事で解説しています。

関連One Tap BUY(ワンタップバイ)とは?投資未経験者でも分かりやすく解説

管理人が利用している積み株について知りたい方はこちらの記事を参考ください。

関連One Tap BUY(ワンタップバイ)積み株のはじめ方。メリットや購入方法をやさしく解説

\ 1000円で米国株主!最もお手軽! /

口座開設はPCから!

One Tap BUYの積み株、購入イメージ

毎週水曜日に

  • アマゾン株:1,000円分
  • アルファベット株:1,000円分

を購入。こんな風に決まったタイミングに指定した金額を自動で購入できるのがOne Tap BUYの最大の特徴且つ強みです。※アルファベットはGoogleの持ち株会社

8月を例にすると毎週水曜日なので、

  • 8月1日
  • 8月8日
  • 8月15日
  • 8月22日
  • 8月29日

の合計5回購入することになります。

購入総額は

  • アマゾン:5,000円
  • アルファベット:5,000円
  • 合計:10,000円

水曜が4回しかなければ8,000円。サラリーマンでも可能な範囲ですね。

毎月1日に購入(月1回の購入)、毎年1月1日に購入(年1回の購入)、なども可能です。

それでは管理人が実際購入している株および収支の推移を見ていきます。

\ 1000円で米国株主!最もお手軽! /

口座開設はPCから!

One Tap BUYで購入している株と金額の推移

(→横スクロールできます→)

  Amazon Alphabet Microsoft NVIDIA
2018/8 1,000円 1,000円    
2018/9 2,000円 1,000円    
2018/10 2,000円 1,000円    
2018/11 2,000円 1,000円 1,000円  
2018/12 2,000円 1,000円 1,000円 1,000円
2019/1 2,000円 1,000円 1,000円 1,000円
2019/2 2,000円 1,000円 2,000円 0円
2019/3 2,000円 0円 3,000円 0円 
2019/4 2,000円 0円 3,000円 0円 

+ 2019年3月6日設定変更

アルファベット株、全て売却且つ積立終了。積立金32,000円→32,670円で売却なので、670円の売却益。←ここから税金ひかれます…

売買履歴▼

税金▼

そして積立金額を以下に変更
Amazon:変更なし
アルファベット:1,000円⇒0円
マイクロソフト:2,000円⇒3,000円
合計:5,000円(変更なし)

3月6日積み立て分は2月同様以下の通り積立。3月13日の積立てより反映予定。※ぎりぎりの変更は間に合わない

Amazon:2,000円
アルファベット:1,000円
マイクロソフト:2,000円
合計:5,000円

+ 2019年2月設定変更

エヌビディア株、全て売却且つ積立終了。

積立金9,000円→9,268円で売却なので、268円の売却益が出て、53円の税金が徴収されました。

NVIDIA売買履歴▼

税金▼

尚、個別銘柄の売買履歴は、積み株アプリ右下の『積立一覧』→『該当の積立内容タップ』→『対象銘柄の右側の(・・・)をタップ』→『売買履歴』より確認できます。

管理人が上述の会社を選択した理由は以下の通りです。

  • Amazon:収益源のAWSの拡大および新規分野への積極的に投資する姿勢に期待
  • アルファベット:AIや自動運転分野に期待 
  • Microsoft:AzureやOffice365などのサービス商材が絶好調で今後も拡大に期待
  • エヌビディア:優れたGPUでAI絡みで成長期待

\ 1000円で米国株主!最もお手軽! /

口座開設はPCから!

One Tap BUYの資産状況

ここからは管理人の資産状況をお伝えします。

4月22日で積立分すべて売却しました。売却理由はより安定感のあるトラリピに資金を集中させるためです。

関連トラリピの設定と実績をブログで公開!どれくらい儲かる?

Twitterではほぼリアルタイムで報告▼

ー最終成績ー
投資元本:113,000円
評価額:121,284円
含み損:8,284円
リターン:7.33%
ーーーーーー

過去分は該当月をクリック頂くと詳細が開きます。

+ 2019年3月末

投資元本:98,000円
評価額:101,006円
含み損:3,006円
リターン:3.07%

+ 2019年2月末

投資元本:11,000円
評価額:10,7343円
含み損:-2,657円
リターン:-2.42%

グラフ上、2月6日が少し下がっていますが、上述のエヌビディア株の売却が原因です。

+ 2019年1月末

投資元本:99,000円
評価額:92,468円
含み損:-6,532円
リターン:-6.60%

+ 2018年12月末

投資元本:74,000円
評価額:63,283円
含み損:-10,717円
リターン:-14.48%

2018年総括

始めたタイミングが悪かったこともあり、大きなマイナスで終える事となりました。確か10月?からのFAANG株の暴落はめちゃくちゃきつかった中、この成績で終われたのは良かったのかもしれません。

そもそも積み株は目先ではなく、数年先を見通して積み立ててるので答え合わせはまだまだ先ですね。『ドルコスト平均法』はやっぱり優秀なのか?も身銭をきっているからこそリアルなレポートが出せると思いますのでご期待ください。

+ 2018年11月末

投資元本:54,000円
評価額:50,954円
含み損:-3,046円
リターン:-5.64%

スクショ撮り忘れ

+ 2018年10月末

投資元本:38,000円
評価額:33,106円
含み損:-4,894円

+ 2018年8月

個別株の資産状況はこんな感じで見れます↓↓↓

推移もグラフで綺麗に表示されます↓↓↓

10月からFAANG株が軒並み暴落し含み損を少し抱えてますが、積み株の買い方は超優秀なドルコスト平均法なので問題なしです。←とうとうプラ転

ドルコスト平均法の凄さは既に実証されていますので以下をお読みください↓(2018年8月に書いた記事より抜粋しています)

\ 1000円で米国株主!最もお手軽! /

口座開設はPCから!

今高値圏なのに買って大丈夫?

「NASDAQも至上最高値更新中で今買っても本当に大丈夫なの?」

こんな疑問を持つと思います。

このままずっと右肩上がりの相場になるはずはないとぼく自身考えています。

「じゃななぜ今買うの?」

「積み株」が投資手法として超優秀なドルコスト平均法を自動で行ってくれるからです。

簡単に言うと一定の決まったタイミングで同じ金額を買い続けることをドルコスト平均法と言います。

管理人の場合は

  • 一定の決まったタイミング=毎週水曜日
  • 同じ金額=アマゾンなら2,000円、アルファベットは1,000円

ドルコスト平均法は購入当初より下がったとしても長期的に見れば利益になることは十分にあり得ます。なのでぼくが株を始める方に最もおすすめする手法です。

その辺のことはこちらで書いてますので是非参考にしてください。

関連[必見]One Tap BUYは儲かる?積立シミュレーション驚異の実績公開!

※この記事は必ず目を通して頂きたいレベルです。ドルコスト平均法の優秀さがよく分かります。

ドルコスト平均法は確かな手法なので5年~10年のスパンで見ていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

\ 1000円で米国株主!最もお手軽! /

口座開設はPCから!

\ 管理人資産運用のすべてはこちら /

投資実績を見る

-One Tap BUY, 運用実績

Copyright© THE INC. , 2020 All Rights Reserved.

\【当サイト限定】トラリピ口座開設特典あり!!!/
\【当サイト限定】トラリピ口座開設特典あり/