トラリピ

最新【トラリピ】管理人流カナダドル/円の設定と利益を公開

管理人はマネースクエア社のトラリピを2018年6月より運用しています。

既に1年以上経過し、現状3通貨運用で月平均2万円弱稼いでくれています。

関連トラリピの設定と実績をブログで公開!どれくらい儲かる?

初期から カナダドル/円をメイン通貨 として運用していますが、かなり安定して不労所得を稼いでくれています。

本職はサラリーマンですが、不労所得があると心が圧倒的に楽になります。

なので、

  • サラリーマンに疲れたあなた
  • 貯金が少ないあなた
  • 資産運用に挑戦したいあなた
  • 老後2000万円問題に焦っているあなた

そんなあなたはトラリピの仕組みを理解するとともに、管理人の設定も参考にし、トラリピで不労所得を稼いでみてはいかがでしょうか。

本ページで管理人がカナダドル円でどれだけ利益を稼いでいるか、さらには設定も公開します。

管理人のトラリピ元本

まずはそもそもいくらで運用しているの?ということですが、2019年8月時点では 150万円

この金額で、

  • カナダドル円
  • ユーロ円
  • メキシコペソ円

の3通貨を運用しています。

管理人の「カナダドル/円」利益推移

2019年5月にシステム改修されたため、6月から集計開始。

対象年月 金額 累計
2019年6月 15,592円 15,592円
2019年7月 11,169円 26,761円
2019年8月 15,329円 42,090円
2019年9月 21,493円 63,583円
2019年10月 31,450円 95,033円
2019年10月 802円 95,835円

グラフにするとこんな感じ↓

それではこの不労所得を稼いでいる設定を見ていきましょう。

管理人の「カナダドル/円」設定

  買い 売り
レンジ 75~88円
本数 116本
トラップ幅 75円~85円:0.1円
85円~88円:0.2円
1本あたり通貨量 1,000通貨
利確 800円
決済トレール

+ いきなり150万円からはじめれない!というあなたは30万円時代の設定も公開していますので参考にしてください(クリックでひらきます)

資金 30万円
通貨ペア カナダドル/円
レンジ 82~86円
仕掛けた本数 21本
トラップ幅 0.2円
1本あたり通貨量 1,000通貨
利確 1,000円
決済トレール
ロスカット 73.07円

+ 設定変更履歴

変更履歴
2018/10/08 買いレンジ(上限):86円→88円
利確幅[買い]:1,000円→800円
2018/12/11 【買い】
80.1円~84.9円に25本追加
トラップ幅:0.2円
1本あたり:1,000通貨
利確:800円
決済トレール:有
2019/01/10 【買い】
79円~79.8円に5本追加
トラップ幅:0.2円
1本あたり:1,000通貨
利確:800円
決済トレール:有

以下ポジション削除
80.1円
80.3円
80.5円
80.7円
80.9円
計5本

2019/01/31

【買い】
78円~78.8円に5本追加
トラップ幅:0.2円
1本あたり:1,000通貨
利確:800円
決済トレール:有

以下ポジション削除
81.1円
81.3円
81.5円
81.7円
81.9円
計5本

2019/02

以下ポジション削除
82.1円
82.3円
82.5円
82.7円
82.9円
計5本

2019/03/01

【買い】
77円~77.8円に5本追加
トラップ幅:0.2円
1本あたり:1,000通貨
利確:800円
決済トレール:有

以下ポジション削除
83.1円
83.3円
83.5円
83.7円
83.9円
計5本

2019/03/28

【買い】
80.1円~83.9円に15本追加
トラップ幅:0.2円
1本あたり:1,000通貨
利確:800円
決済トレール:有

2019/06/16

【買い】
レンジ下限を77円→75円に拡大
80円以下のトラップ幅を0.2円→0.1円に変更

関連【トラリピ】元本30万円時代の設定を解説。今30万円で始めるなら?おすすめ通貨と設定。

管理人はマイナススワップを大きく嫌っているので買いのみです。

2019年11月時点では1万通貨あたり買いは 8円/日、売りは −42円/日 のスワップとなります(スワップは日々変動します)。

それではこの設定に至った背景を見ていきましょう。

まずはどの通貨でも恒例ですが史上最高値・最安値の確認です。

カナダドル/円の史上最高値・最安値

史上最安値は1995年の58円台、史上最高値は1970年代にはなんと350円を超えてました。2019年8月時点は80円程度。。。

あまり参考にならないので2000年以降の最高値・最安値を見ることにします。

2000年以降の最高値・最安値↓

最高値 125円台 2007年11月
最安値 68円台 2009年1月

2000年以降のチャートも確認しましょう↓

2008年のリーマンショック以降はおおよそ75円〜100円のレンジで上下していることが分かります。

今回は買いトラップのみなので68円台を強く意識します。

管理人が仕掛けたレンジを重ねると↓

ある程度カバーできてることが分かりますね。

管理人の設定をシミュレーションで確認

管理人は価格帯ごとにトラップ幅が異なる(0.1円と0.2円)ので、ざっくりのシミュレーションとなります。

とはいえレンジ内の本数でシミュレーションするので大きな誤差はないはずです。

150万円だとロスカット値 71.424円 なので少し不安です。

しかし運用から1年以上経過し、現時点では現金残高170万円突破してますので、運用予定額を170万円に変更します↓

するとロスカット値 69.628円 

150万円と比較するとだいぶ安心できます。

このように時間の経過とともに現金残高は増えるのでこのまま放置しているだけで、おそらく数ヶ月にはロスカット値が68円以下になるでしょう。

よってこの設定で問題なしと判断します。

とにかくシミュレーションする上で重要な要素は、

  • 買いトラップの場合:最安値でもロスカットされない
  • 売りトラップの場合:最高値でもロスカットされない

ということです。

まとめ:カナダドル/円は高い収益性に期待(不労所得の源泉)

管理人のメイン運用通貨であるカナダドル円。

管理人の考えうるレンジ内で動いている限り、毎月不労所得を稼いでくれるでしょう。

設定する上での考え方の全てはこの記事にまとめています。

関連【トラリピ】驚異の勝率!理論上負けない設定で最強の投資をしよう

長期目線で負けないことが非常に重要なのでトラリピを設定する際はご参考ください。

追伸:トラリピはどれくらい儲かる?

そもそもトラリピってどれくらい儲かるの?についてですが、管理人としては年利12%を基準に考えています(現金残高増加ペース)。

毎月元本に対して1%増えると年利12%となります。

  • 元本30万円なら年間36,000円(3,000円/月)
  • 元本100万円なら年間12万円(10,000円/月)
  • 元本1,000万円なら年間120万円(100,000円/月)

こんなイメージです。

管理人は2019年8月時点では元本150万円で月平均18,000円(元本比率1.2%)増やしてますし、他の運用者の実績を見ても現実的な水準だと思います。

管理人のお実績はこの記事で確認できます。

関連トラリピの設定と実績をブログで公開!

現時点では非常に優秀な資産運用ツールだと考えトラリピを利用していますのであなたも参考にしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

関連【トラリピ】管理人流ユーロ/円の設定を解説

関連【トラリピ】管理人流メキシコペソ/円の設定を解説

-トラリピ

Copyright© THE INC. , 2019 All Rights Reserved.