トラリピ

最新【トラリピ】管理人流カナダドル/円の設定と利益を公開

管理人はマネースクエア社のトラリピを2018年6月より運用しています。

2019年は3通貨運用で月平均2万円弱稼いでくれています。

2020年はコロナショックの影響で爆益です(含み損も絶賛拡大中ですが、、、)。

関連トラリピの設定と実績をブログで公開!どれくらい儲かる?

運用開始時から カナダドル/円をメイン通貨 として運用していますが、かなり安定して不労所得を稼いでくれています

本職はサラリーマンですが、不労所得があると心が圧倒的に楽になります。

なので、

  • サラリーマンに疲れたあなた
  • 貯金が少ないあなた
  • 資産運用に挑戦したいあなた
  • 老後2000万円問題に焦っているあなた

そんなあなたはトラリピの仕組みを理解し、トラリピで不労所得を稼いでみてはいかがでしょうか。

本ページで管理人がカナダドル円でどれだけ利益を稼いでいるか、さらに設定も公開しますので、気になれば参考にしてみてください。

\コロナショックはトラリピ稼ぎどき/

最短5分で口座開設

管理人のトラリピ元本

まずはそもそもいくらで運用しているの?ということですが、2020年5月時点では 200万円

この金額で、

  • カナダドル円
  • ユーロ円
  • メキシコペソ円

の3通貨を運用しています。

管理人の「カナダドル/円」利益推移

2019年5月にシステム改修されたため、6月から集計開始。

対象年月 金額 累計
2019年6月 15,592円 15,592円
2019年7月 11,169円 26,761円
2019年8月 15,329円 42,090円
2019年9月 21,493円 63,583円
2019年10月 31,450円 95,033円
2019年11月 802円 95,835円
2019年12月 12,692円 108,527円
2020年1月 8,067円 116,594円
2020年2月 24,269円 140,863円
2020年3月 97,655円 238,518円
2020年4月 28,490円 267,008円
2020年5月 30,403円 297,411円
2020年6月 57,592円 355,003円

グラフにするとこんな感じ↓

コロナショックの影響で2020年3月〜6月は素晴らしい成績です。

それではこの不労所得を稼いでいる設定を見ていきましょう。

管理人の「カナダドル/円」設定

  買い 売り
レンジ 75~88円
本数 131本
トラップ幅 75円~88円:0.1円
1本あたり通貨量 1,000通貨
利確 800円
決済トレール

+ いきなり大きな資金ではじめれない!というあなたは30万円時代の設定も公開していますので参考にしてください(クリックでひらきます)

資金 30万円
通貨ペア カナダドル/円
レンジ 82~86円
仕掛けた本数 21本
トラップ幅 0.2円
1本あたり通貨量 1,000通貨
利確 1,000円
決済トレール
ロスカット 73.07円

今は76円あたりをうろちょろしているので、74円〜78円あたりに設定がいいかもしれません。トラップ本数や通貨量は増やさない方がいいです。

+ 設定変更履歴

変更履歴
2018/10/08 買いレンジ(上限):86円→88円
利確幅[買い]:1,000円→800円
2018/12/11 【買い】
80.1円~84.9円に25本追加
トラップ幅:0.2円
1本あたり:1,000通貨
利確:800円
決済トレール:有
2019/01/10 【買い】
79円~79.8円に5本追加
トラップ幅:0.2円
1本あたり:1,000通貨
利確:800円
決済トレール:有

以下ポジション削除
80.1円
80.3円
80.5円
80.7円
80.9円
計5本

2019/01/31

【買い】
78円~78.8円に5本追加
トラップ幅:0.2円
1本あたり:1,000通貨
利確:800円
決済トレール:有

以下ポジション削除
81.1円
81.3円
81.5円
81.7円
81.9円
計5本

2019/02

以下ポジション削除
82.1円
82.3円
82.5円
82.7円
82.9円
計5本

2019/03/01

【買い】
77円~77.8円に5本追加
トラップ幅:0.2円
1本あたり:1,000通貨
利確:800円
決済トレール:有

以下ポジション削除
83.1円
83.3円
83.5円
83.7円
83.9円
計5本

2019/03/28

【買い】
80.1円~83.9円に15本追加
トラップ幅:0.2円
1本あたり:1,000通貨
利確:800円
決済トレール:有

2019/06/16

【買い】
レンジ下限を77円→75円に拡大
80円以下のトラップ幅を0.2円→0.1円に変更

2020/01/03

【買い】
85.1円~87.9円に15本追加
トラップ幅:0.2円
1本あたり:1,000通貨
利確:800円
決済トレール:有

これで75〜88円のレンジ帯に0.1円刻みのトラップ完成

関連【トラリピ】元本30万円時代の設定を解説。今30万円で始めるなら?おすすめ通貨と設定。

管理人はマイナススワップを大きく嫌っているので買いのみです。トラリピでよく耳にするハーフ&ハーフの手法も取り入れません。

理由は保有するだけで資産が減少することは精神衛生上よくないと判断しています。

2020年4月時点では1万通貨あたり買いは 1円/日、売りは −49円/日 のスワップとなります(スワップは日々変動します、買いスワップとうとう1円まで下がりました→4月末時点ではとうとう0円に、、、)。

それではこの設定に至った経緯を見ていきましょう。

管理人がこの設定に至った経緯

まずトラリピを設定する上で最も大切なポイントは

  • 買いトラップの場合:史上最安値でロスカットされない
  • 売りトラップの場合:史上最高値でロスカットされない

この2点です。

これさえ遵守すれば為替が激しく上下しても安心して見守ることができます。

それでは史上最高値・最安値の確認をしましょう。

カナダドル/円の史上最高値・最安値

ネットで検索するとすぐ分かるのですが、史上最安値は1995年の58円台、史上最高値は1970年代になんと350円を超えてました。

このように58〜350円と非常に幅が広く、且つ現在値が80円程度と最高値からかけ離れている場合はあまり参考にならないので、管理人は2000年以降の最高値・最安値を確認することにしています。

2000年以降はITバブルやリーマンショックも経験し、為替も大きく上下しているので参考値として十分と判断しています。

【2000年以降の最高値・最安値↓】

最高値 125円台 2007年11月
最安値 68円台 2009年1月

【2000年以降のチャートも確認↓】

2008年のリーマンショック以降はおおよそ75円〜100円のレンジで上下していることが分かります。

管理人が仕掛けたレンジ↓

ある程度カバーできてることが分かりますね。

ロスカット値を確認

今回は買いトラップのみなので上記で確認した2000年以降最安値の68円台でロスカットされないことを強く意識します。(本来は58円で設定したいですが少ない資金だとトラップが薄くなりリターンが極少になるため68円を意識することにしました)

ロスカット値はトラリピ運用試算表で簡単に算出できます。

値を入力↓

  • 通貨ペア:カナダドル円
  • 運用予定額:1,800,000円
  • レンジ幅:75〜88円
  • 仕掛ける本数:131本
  • 1本あたりの通貨量:1,000通貨
  • 狙う利益:800円

180万円だとロスカット値 70.583円 なので少し不安です。

しかし毎月平均で現金残高が2万円増えているので1年後は204万円になると仮定して運用予定額を204万円に変更します↓

ロスカット値 68.675円 

70.583円 と比較するとだいぶ安心できます。

このように時間の経過とともに現金残高は増えるのでいつの間にかロスカット値が68円以下になるでしょう。

大事なのでしつこいほど繰り返しますが、

  • 買いトラップの場合:史上最安値でロスカットされない
  • 売りトラップの場合:史上最高値でロスカットされない

これを守ることが重要です。

付け加えると上記のロスカット値は設定したトラップを全て保有した際の値です。

2020年4月時点ではカナダドル円は約76円です。当然80円台のポジションは保有しないためロスカット値は大きく下がります。

そう考えると今はトラリピをはじめるのには非常にいい状況だと言えるでしょう。羨ましいくらいです。

まとめ:カナダドル/円は高い収益性に期待(不労所得の源泉)

管理人のメイン運用通貨であるカナダドル円。

設定レンジ内で動いている限り、毎月不労所得を稼いでくれます。

設定する上での考え方の全てはこの記事にまとめています。

関連【トラリピ】驚異の勝率!理論上負けない設定で最強の投資をしよう

トラリピでは長期目線で負けないことが非常に重要なので設定する際はご参考ください。

追伸:カナダドル/円のリスクヘッジとしてユーロ/円がかなり優秀

1通貨運用はどうしてもリスクが高くなります。

リスクヘッジ通貨としてユーロ/円の売りトラップを採用していますが、これが2年弱の実績を見ても非常に優秀です。

ポイントは

  1. 相関関係
  2. 売りポジションでプラススワップ

この2点です。詳細はこの記事に買いてますので参考にしてください。

参考相関関係を用いたリスクヘッジ方法。カナダドル円をベースにリスクヘッジ通貨を考えてみた。

ユーロ円の設定と実績はこちら

関連最新【トラリピ】管理人流ユーロ/円の設定と利益を公開

追伸:トラリピはどれくらい儲かる?

そもそもトラリピってどれくらい儲かるの?についてですが、管理人としては年利12%を基準に考えています(現金残高増加ペース)。

毎月元本に対して1%増えると年利12%となります。

  • 元本30万円なら年間36,000円(3,000円/月)
  • 元本100万円なら年間12万円(10,000円/月)
  • 元本1,000万円なら年間120万円(100,000円/月)

こんなイメージです。

管理人は2019年8月時点では元本150万円で月平均18,000円(元本比率1.2%)増やしてますし、他の運用者の実績を見ても現実的な水準だと思います。

管理人の実績はこの記事で確認できます。

関連トラリピの設定と実績をブログで公開!

現時点では非常に優秀な資産運用ツールだと考えトラリピを利用していますのであなたも参考にしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

関連【トラリピ】管理人流ユーロ/円の設定を解説

関連【トラリピ】管理人流メキシコペソ/円の設定を解説

\ トラリピ×管理人タイアップ /

マネースクウェア・ジャパン

マネースクウェア・ジャパン

↑詳細を見てみる↑

-トラリピ

Copyright© THE INC. , 2020 All Rights Reserved.

\【当サイト限定】トラリピ口座開設特典あり!!!/
\【当サイト限定】トラリピ口座開設特典あり/